レッスン日記

2018/10/26

イタリアンコンチェルト 一楽章

慎重な演奏がテンポを落としてしまっているのと同時に
重くなってしまっている事が注意点でした。

フレージング、リズムに関係する指使いを最終チェック。

弾き出してから、色々考えてしまう事が事故を誘発してしまうことも。
積み重ねた練習を信じて、自然体で奏でること。

アンプの不安が無くなったと思ったら、欲張りになってしまって…
心のコントロールは、経験値に比例しますね。