レッスン日記

2018/11/20

和音を弾くということ

IMG_4201.jpeg

小さな手で、まだ鍵盤を押す筋肉の発達も不十分な時は、三つの鍵盤を同時に押すことがとっても難しいです。

 

でも!

どの音が遅れているかな?

 

今の音色は、きれいだったかな?

 

どの音が聴こえなかったかな?

 

どうしてその音だけが早く音が出るのかな?

 

と、時間はかかりますが一つ一つのなぜ?を考えて、その答えを探すことでバーン!と力強い音ではなくても、きれいに三つの音を響かせていくことができます。

 

とっても根気がいる事ですが、積み重ねが大事です。

そして三つ同時に、きれいに響いた時、二人で

 

あっ!今のきれいだったねっ!

 

と、感動する瞬間が好きです。