レッスン日記

2018/12/27

バッハですバッハ!

IMG_4636.jpeg

レッスンでは、私自身の技術向上もありますが、私がレッスンをするときに…を前提に、レッスンをして頂いています。

 

バッハは特に。

 

兎に角、バッハは嫌われ者なイメージが私自身強くて、敬遠していたのですが、これは、音楽を学ぶ上では、とんでもない悪行でありまして。

 

バッハ一曲の中で、たくさん学ぶことが出てきます。

ただ、練習曲や音階の練習を宿題に出されて、それを一週間こなす日々よりも、ここを上手に弾けるための練習曲や音階の練習の方が、楽しいでしょう。

 

一つずつ、以前は先生に聞かないととわからなかったことが、自分で発見できるようになったり。

 

偉そうに綴っていますが、私自身の事です。

私のように訳わからないからバッハ嫌い!なんて事にならないように、バッハの勉強を深めています。

今は、ウソではなくバッハを弾いていて楽しいので、その楽しい!気持ちをもってすれば、きっと今通われている生徒ちゃん達も、バッハ嫌い!ってならないと思うんです。

 

教える側の気持ちって、伝わってしまいますものね…。

 

因みに、楽譜はベートーヴェンのヴァイオリンソナタです。

何となく、リズムカルに弾けない箇所があり、コツを教えて頂くだけ…と思って、楽譜を持参いたしましたが、みてくださって…私は、南極にいる気分で春を弾いてきました。。。

 

こういうハプニングも、進行形なので、生徒さんの気持ちにも寄り添えるかな?とも思っています。