レッスン日記

2021/09/06

来年度の準備が始まっています

来年度の準備が始まっています

新型コロナウイする感染症緊急事態宣言が延期されそうですね?
宮城県は、どうなるでしょうか?感染者数は減っています…が9割、それ以上がデルタ株感染ということなのでできれば、見切り発車ではなく病床数など全体を見渡しての解除をしていただきたいものです

このような状態ですから、年内の演奏活動でのお仕事は次々と年明けに延期となっております
でも、早い段階での延期はとても計画を再構築できますので感謝しております

そのような中、来年のカレンダーが届き揃いました
レッスン室のカレンダーは、今は亡き恩師の分も毎年購入をしてプレゼントしておりましたからもう二十年は同じカレンダーですw
リビングは家族…といっても、実母と夫、私の3人の予定がわかる家族カレンダー、寝室は月齢カレンダーこの二冊は愛してやまぬスヌーピーです

手帳も届きました
来年度は大きな夢を叶えるべく、気合を入れる年にしたいので練習ログ用の手帳とスケジュール管理の手帳と二冊
お気に入りのデザインで思い通りのオーダーをした手帳カバー…四年目に入ります
良いモノは年々、良い味を醸し出してくれるので手帳時間が楽しいのですが、この手帳時間で就寝時間が遅くなっているという事実もありますから手助けをしてくれるスタンプを見つけて購入!
練習ポイント、そこに掛けた時間管理、トータル時間など可視化させると良い大人ではありますが効率良い練習ができる私です
また、弾いたことがある曲を再び演奏会で弾くことにした時は、どの点が苦労したか細かい記録があると、その時と現在の自分の感じ方、技術の変化が見られて面白いです
書き込むペンは、富士旬景という限定販売された万年筆、万年筆屋さんオリジナルのセンチュリースケルトンの3本
少し前までは、万年筆=モンブランでしたがルヴィエ先生のレッスンを受けるときに帯同してくださる通訳の方から「万年筆とインク沼」という楽しい世界をもご教授いただき、すっかりどっぷりハマっていますw

相手がウイルスですから、ウイルスも生き延びるために色々な変異を重ねて人類に挑戦してくると思いますから、そう簡単に「インフルエンザ」レベルにはならないと思いますが、感染しない、させないを念頭に新しい生活スタイルを見出して行けば乗り切れると信じております

ピアノとは関係のない手帳のお話でした