レッスン日記

2019/11/05

嬉しいレッスンでした!

嬉しいレッスンでした!

11月に入り、1回目のレッスンの週を迎えています。

月3回レッスン生は二週間ぶりです。

 

先月、お便りを出した後にお父さまから

「成果が見られない。もう少し成果を見たいです!」

と。

「ピアノは、ただひたすらに練習をし続ける努力が必要です。水泳教室のように、その日に行きその時間だけ練習をするのではなく、日々の練習の成果をレッスンにいらした時に、聴かせていただき、その努力が間違えた方法になっていないか?もっと良くなるには?というアドバイスをする。その繰り返しが、花開くと成果が見える瞬間なのだと思います」

というようなお返事をいたしました。

 

そして二週間経った今日、今までにない赤マルシールがずらりと貼ってあり、一発で自信に溢れた姿で宿題の曲を弾きました!

 

今まで、練習はしているもののどこか、付け焼き刃。。。なので、効果があったりなかったり。

 

この二週間、お父さまも練習を見守られたそうです。

本人も、達成感を味わうことができ、今回のような練習を重ねる大切さに気付いたようです。

 

日々練習というのは、とても簡単ですが本当に、コンスタントに練習を続けることは難しいです。精神的に。

今日の気持ちを忘れずにまた一歩上を見つめて頑張って欲しいなぁと思いました。

2019/09/08

ベーレンライターのベートーヴェンソナタ全集

CC587CA2-C018-437B-B86D-E4A2CE79EDDA.jpeg

梅雨の頃?受注会があり一般販売よりも少し早く発送できます!につられて購入してたベートーヴェンのソナタ全集。

 

今、使っているのは主にヘンレ版。

指使いなどで他の版も見たりしますが基本、ヘンレ版です。

 

今、ベートーヴェンのソナタは、一曲さらい中です。ベーレンライターとヘンレの違いを今週は楽しみたいと思います!

2019/09/03

練習時間の確保

4A264C7D-4B84-4B60-938F-6A22057509CC.jpeg

確保しなさい!という内容ではなくて、先日のレッスン中に話したことを今日はご紹介いたします。

 

学区内の学校に通っていない生徒ちゃん。

でも、近所に同じ学年でお友達がいました。それはもう、聞いている私も嬉しい発見でした。

その上、そのお友達もピアノを習っていると。

 

お相手さんの事情で、生徒ちゃんが遊びに行くことが多いようです。

今週の練習ができなかった理由が、そのお友達が今月いっぱい、塾がお休みだから遊びに来て!と言われてお家になかなかいる時間がなくて、できなかったと。。。

 

そのお友達、ピアノの練習はどうしているの?

 

と聞き返すと、生徒ちゃんが行くまでに練習を済ませているんだって!と。

 

では、〇〇ちゃんもピアノの練習をしてから遊びに行くから待っていてね?としては?

というと、あ!そうだね〜気が付かなかった!と。一週間、勿体無かったなぁって言って残念そうにしていました。

 

ピアノを習っているもの同士だと練習の必要性は分かり合えるのですが、ピアノを習っていない時は?とついでにお話し。

 

今さらっている曲を、ストップウォッチで測りました。

5回弾いたら何分くらいかかるかな?かけ算を習う学年ではないので足し算で二人で計算していきました。

10分だと、こんなに回数が弾けるんだ!

私は、そこでそこまでの回数を弾くと集中力がなくなっていると思うから…大体、このくらいかなぁ?などなど。

 

そうすると、自分が普段もどのくらいの時間を作ると練習ができるのかも知ることができました。

 

時間や回数で行う練習は、如何なものか?ともなりますが、練習をしないで遊びに行く、だらだらしてしまって練習をしなかった…そんな日の罪悪感の払拭には、良い方法だと思っています。

2019/08/28

夏休みの出会い

CE304ABF-17D1-4CAF-8EF0-3261184F835B.jpeg

我が家には、トイプードルがいるのですが、夕方、レッスンの合間、練習の合間にお散歩をします。

ショパン♂とヒナコ♀という名前です。

お写真のヒナコは、ピアノが大好き。

ショパンは、ピアノがあまり好きじゃない感じ…。

 

少し暑さが和らいだ日の夕方散歩の時、筋違いのお宅のお嬢さんに、可愛い!とナデナデしてもらってから、ヒナコは、そのお宅の前に行くとピアノの音を確かめ、出てこないかなぁ?と私の方を何度か見ながら立ち止まります。

 

時々、ピアノの音が聴こえるとおしっぽを高速回転させて出てきてくれるんじゃないかというお顔になりいつもよりも少し長く待ちます。

 

可愛い!と言ってもらえたこと、きっとピアノが大好きなヒナコの耳に心地良い演奏をしているのでしょうね。

 

また、会ってなでなでしてもらえると良いね!

2019/08/05

一つずつできることを増やすこと!

CEDF6492-45FF-4E86-B3F7-2F5118AAB472.jpeg

ピアノは、本当に日々日々の練習の積み重ねです。

これも練習と一言で言ってもただ、何時間もピアノに向かえば良いというものでもなく、自分のペースが分かるまでの道のりがあります。

 

練習を毎日30分!と約束をするとしましょう。

まだ8小節くらいの短い曲をさらっている生徒ちゃんに30分は過酷です。一般的に考えても集中は持たないと思います。

バッハ、練習曲、ソナタなど何冊か課題がある場合は?

と考えると、時間ではないんですよね。

 

ここを説明するのは簡単ですが、理解をしてもらうことってなかなか難しいです。

何回弾いたらよい?何分練習したら上手くなれる?は、鉄板の質問です。

 

生徒自身の中で、欲が出てくる時がスイッチ入る時だと指導をしていて感じます。

ムリだわ、難しそうだもん!

学校の帰りが遅くて、練習できないんだもん!

なんて、言い訳をしていても、一つ、また一つできることが増えてくると、嬉しいですし、ご家庭でのご父兄の反応がまず、上手になってきたね〜っとなりますよね?

お友達からの刺激を受けることも。

 

どこにスイッチが潜んでいるかは、本当に分からないのですが、このスイッチを見逃すことなく見つけるために、一つずつできることを着実にレッスンで増やすことです。

 

もっとできるのになぁって思うと、ついつい私も熱い口調になってしまいますが、翌週、応えてくれる生徒さんたちです。

 

練習方法も、個々に合わせて色々なパターンを試しています。自分の経験だったりセミナーで学んだ方法だったり、自分が実際に今も受けているレッスンにヒントを得たり。

 

伸び悩んでいるご父兄さん、遠慮なく師事している先生に相談すると良いと思います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...