レッスン日記

2019/07/04

先生探し、先生選びって難しい。

転勤族の家庭に生まれると、小さい頃から一貫して同じ先生に
師事する事が難しいです。

私もそうでした。
やっと新しい先生に慣れてきた頃に、お引越し。

今は、ネットが普及していてピアノ教室という検索語彙でたくさんヒットしますが、
それでもその中から選ぶことは、たくさんヒットするだけに難しいですね。
お月謝があまり高くない先生、近所を希望、電子ピアノでも教えてくれる先生…
色々、家庭の事情により選択して行くようになると思います。

日本の場合、ピアノの先生の資格ってないから厄介です。
音楽大学を卒業していなくても、専門学校で学んだとしてもピアノ教室を開業できますし、
音大卒でも例えば、フルート専攻でもピアノを教えることもできます。
留学と書いてあっても、短期間なのか、何年もかけてきちんと卒業しているのかも曖昧。
きちんと卒業している場合、国家資格取得などと明記されていますが…。

この曖昧さが本当に厄介で、大変な思いをしながらする努力が空回りする可能性が潜んでいます。
最悪、希望大学への進学が閉ざされる可能性だって潜んでいます。人生が変わるといっても過言じゃないのです。

そんなこんなで、私の持論ではありますが、音大に行きたいのならばやはり、目指している音楽大学のピアノ専攻を卒業されているかを一番の目安にすると良いのではないかなぁと思います。
やはり音楽高校、音楽大学に於いて専門的な勉強をどのように学んだか?どんな学生生活だったかがわかること大事です。

私自身、努力が空回りしてしまった人生だったので、アラフォーになっても、悔しくて悔しくて!
レッスンに通い…そう、今日もレッスンを受けてまいりました…そして、私の教室を選んでくれた生徒ちゃんが、同じような思いをしないように、努力が空回りしないように…と現在師事している先生に助けていただきながら大切にレッスンをしています。

努力が空回りしないレッスンを受けると、私のプロフィールをご覧いただいたらご理解していただけると思いますが、結果がついてきています。年齢制限の関係で、日コンとかにはチャレンジできませんが、専門教育課程を修了した者が該当するカテゴリーがあるコンクールを選んでチャレンジしています。
音高、音大を卒業して何年も経っていますが努力をするクセはついていますから、やはり、この3年間の結果はその努力を空回りさせない指導力のお陰、今、師事している先生のお陰だと私は感謝しています。

先生選びは大切です。

2019/06/06

仙台国際音楽コンクール〜審査委員によるマスタークラス〜

72D11032-B868-4651-9C0E-C606B13B4D26.jpeg

二日間に渡りマスタークラスが開催され、ルヴィエ先生のクラスもあったので、ワクワクしながら聴講してまいりました。

地元仙台でルヴィエ先生のレッスンを聴講できたのは幸せでした。

初めてレッスンを受けた時に言われたなぁ!という言葉もあり、当時の自分を振り返りながら聴講いたしました。 

四人の先生方共通の言葉があり、共通の質問がありました。そのことを、私自身、今後の課題としレッスンに反映させていきたいです。

聴衆を惹きつける演奏ができるかどうか。

自分が出している音に耳が付いているかどうか。

 

生徒さんの努力が空回りしない指導をしていくには?と指導者として改めて考えさせられました。

 

2019/06/02

仙台国際音楽コンクール〜聴衆としてのマナー〜

1F5BC142-E710-4F3E-9B16-1C8E839A2157.jpeg

今日は、テレビにて。やはり、会場で拝聴したいなぁと思いつつ。

なんだか、今日のお題は偉そうな感じですが、聴衆のマナーで気になったことを。

 

携帯電話の電源を切って!とアナウンスされるのにも関わらず、携帯が鳴ったり。

バッグなどに付いている鈴の音がしたり…この鈴の音って結構な割合でしますよね?

プログラムと一緒に配布されるチラシを見ている?な音がしたり。

咳とかね。。。咳は、ハンカチでお口を塞ぐだけでも大分、防音になると思うのですがね、ゲッホン!と。

昨日は、雨降りでしたから傘は足元へたおしておいてください!とアナウンスがありました。具体的でとても効果があったように思います。

 

演奏者にとってもちろん!ですが、聴いている聴衆も気が散って本当に、迷惑ですよね?

 

特にコンクールとなると、コンサートとは全然違う張り詰めた空気。

 

予選の時は、調◯師がイビキをかいて寝る。。。これは、驚きでした!

携帯電話が鳴る。。。

コンテスタントの集中が切れてしまうような咳。。。咳は、仕方のないことかもしれませんが…。

アナウンスで、コンテスタントの入れ替わり以外の出入り禁止とアナウンスされているのにも関わらず、曲間で退場したり。

 

個人的になりますが、昨日は、秒針のカチカチカチと大きな音がする腕時計をされている方が隣に座っていて、もう、苦しいのなんのっ!

この人は、この秒針の音が気にならないのかなぁ?と、美しいピアニッシモの邪魔になるったらありゃしないっ!

 

最低限のマナーを守って、会場の音楽を共有したいですね。

 

2019/06/01

仙台国際音楽コンクール〜セミファイナル〜

570D9682-A4CD-41E8-A80B-1085FA3BBC11.jpeg

予選が終わり、今日からセミファイナルが始まりました。

課題曲は、ベートーヴェンのピアノコンチェルト3番か4番。

三日間にわたり開催されます。

 

今日は、昼下がりに大雨が降り雷も鳴り…。

 

一晩で一気にコンチェルトを4名聴く経験も三年に一度。

 

 

 

2019/05/27

仙台国際音楽コンクール

C4900B28-64BC-48D8-9B28-8D06667E9239.jpeg

始まりました!ついにっ!

国際音楽コンクールが、市内で開催される事7回。

今回ほど、楽しみにして待ったのは初めてです。

 

午前中は、コンテスタントのペダルの使い方を凝視して耳を傾けておりました。

 

午後からは、後ろへ下がって拝聴。

豊かな表現、はっきりと伝わる音楽に勉強をさせていただきました。

 

…余談ですが、今回、いつもよりも楽しみだった理由の一つが、審査員になってらっしゃる先生のレッスンを2年間、来日の折に受けていた先生がいらしています。

 

それがっ!覚えていてくださってらして、ハロー!!!と。

驚き過ぎた私は、ボボボボンジュール!

なんとも残念。。。

 

仏語を始めたのは、この先生のレッスンを受けたい一心で始めました。まさか、仙台で再会出来るだなんてその時は思っておりませんでした。

 

まだ始まったばかり。

明日、夕方から時間があるので行く予定です。